【沖縄怪談】真玉橋幽霊伝説「人柱」

 沖縄にはたくさんな戦争遺跡があります。これらの遺跡は後世に戦争の怖さを伝い、悲しい歴史を再び起こさないような存在です。真玉橋も沖縄の数多く遺跡の一つで、およそ16世紀の琉球王国時代に悲しい「人柱」事件がありました。




真玉橋の歴史

真玉橋記念碑
真玉橋記念碑

 真玉橋が初めて建てられた時期は、琉球王国の尚真王時代で、当時は政治用途として、按司(琉球王国の役人)の移動手段で使われています。その時の構造は木橋で、18世紀前半までの尚貞王時代に石橋に立て替えました。現在残る真玉橋遺跡当時作られたものです。

 しかし尚貞王時代作れた石橋の真玉橋は、二次世界大戦の時に破壊され、一時的にアメリカ軍が鉄の橋を建てましたが、日本復帰後今の姿になりました。

真玉橋幽霊の「人柱伝説」

現在の真玉橋
真玉橋

 いよいよ本題に、16世紀当時、真玉橋を建てる時に、現在国場川と呼ばれる川がよく氾濫し、作った橋はすぐ川の激流に潰れてしまう。皆が悩んでいる時に、どこから「川に人を埋め、人柱を作る」という声が出てきました。概ね二つの説があります。

一、矢で選ぶ

 当時ある人が「まず矢を放って、誰かの家に刺されば、その家の娘を差し上げてもらいます。川に献上し、この災いを払う。」
 この提案が採用されましたが、皮肉で、矢がその提案した人の家に刺さられ、娘はそのまま橋の下に生埋めされました。

※これ…謀られただろう!

二、ナナイロムーティー(七色元結)

真玉橋

 もう一つ最も有名な説は、当時琉球王国の役人たちが川の氾濫を鎮めるために、悩んでいた際に、あるノロ(琉球王国の専任祭司)のところに訪ねました。ノロが神と尋ねた後、こう言います。

 「この災いを鎮めたい場合、一つの残酷な方法しかありません。それは人を橋の柱として、橋の下の埋めること。しかも一般的な人ではなく、必ず子年生まれ、霊感が強い人です。また髪の毛に七色の元結をしている女性しなければなりません。」

※この神やばくない?と思いましたが…

 ノロの話を聞いた役人たちが、琉球国王に報告し、条件に当てはまる人を全国で探し始めました。
 しかし、人探しがうまく行けず、そのまま役人たちの責任が問われるため、再びノロのところに来ました。

ちょうどその時、役人たちがノロの後ろ髪にあるものを気づきました。

役人「あ…あんた!後ろの髪の毛に、何を付けてる!?」
ノロ「娘が付けてくれた元結です。」
役人「あなたの生まれ年は?」
ノロ「はい、子年です。」
役人「これ…何を意味するかわかる?」
ノロ「すみません、私にはわかりません。」
役人「あなたはノロ、霊感が強い。そして、子年生まれで、髪の毛に七色の元結を付けてる。人柱としての人物は、あなたほどふさわしい人がいない!」

 そして、ノロが縄で縛られて、人柱として、橋の底に埋められました。埋められる前に、追いかけて来た娘にこう言いました「口は災いの元。他人より先に喋ったらだめ、それを忘れるな!」と。

※そもそも自縄自縛だと思うが…

真玉橋にある人喰い妖怪を鎮めるシーサー

真玉橋

 真玉橋は人柱の伝説以外、イリヌシーサーと呼ばれるシーサーがいます。イリヌシーサーは単なるのシーサーではなく、現在の奥武山公園付近にいた人喰い妖怪ガーナームイを鎮圧するシーサーです。

 沖縄の人喰い妖怪「ガーナームイ」の真相は、こちらにご覧ください!

真玉橋情報

真玉橋地図

イリヌシーサー地図