IT系フリーランスになるためのプログラミング学習3大ステップ

 フリーランスになろうと考えている方やスキルアップしたい方なら、一度プログラミングを学ぼうと考えた事あるかもしれません。

 しかし、プログラミング未経験者であれば、Java・C・Ruby・PHPなど様々なプログラミングを見れば、何だか急に冷めてしましますよね。

 今日はIT系フリーランスになるためのプログラミング学習ステップを紹介し、自分に最適なプログラミングを見つけましょう!

IT系フリーランスが使うプログラミングの種類

 冒頭に話したように、プログラミングは様々な種類がありまして、未経験者にとって、学ぶ前から混乱してきます。

 なぜプログラミングはこんなに種類があるでしょうか?わかりやすく言うと、プログラミングを各国の言葉にして、日本人になら日本語、アメリカ人なら英語、僕は台湾出身なので、中国語または台湾語のような感じです。

 プログラミング(言葉)はそれぞれの機能(国)に対して、当てはまれます。もちろん、日本人でも英語喋れる人がいるような、一つのプログラミングもいくつの機能が作れます。しかし、日本人は日本語を喋る方が楽のように、作りたい機能に対して、最適なプログラミングもあります。

Web用プログラミング一覧

様々なWebサイト用プログラミング

 プログラミングの中に、よく見られるのはWebサイト系のプログラミングです。担当する仕事内容により、それぞれ違うプログラミングが使われています。

Webサイト運営・分析

 Webサイトの運営や集客、いわゆるマーケターのようなフリーランスなら、基本的に高いレベルのプログラミング知識が不要です。基本知識のHTMLCSSで十分の場合が多いです。

 しかし、本格的に分析のマスターになろうであれば、近年人工知能にも使われているPythonはデータ分析などよく使われています。もしWebサイト分析に興味があれば、Pythonを学ぶのがおすすめです。

Webサイト制作

 IT系フリーランスの中に、最も多いと言えるのはWebサイト制作系でした。HTMLCSSを始め、JavaSpcriptまでフロントエンジニアと呼ばれる必須のスキルです。

 実はHTMLとCSSはプログラミングではなく、文字や画像などを自分が好きなような形を整うための言語です。本格的にプログラミングを始めたいなら、Webサイトを動くように見えるプログラミング「JavaSpcript」を学ぶのはおすすめです。

バックエンド系プログラミング

 バックエンドとはWebサイトの後ろに動作することです。つまりWebサイトの見た目ではなく、機能のことです。

 例えば、オンライン決済や予約などはバックエンドの領域に入ります。バックエンドは様々なプログラミングを存在しており、一番多く使われているのはPHPでした。FacebookはPHPで作られています。

 その他、日本人が開発したRubyも近年注目され、TwitterもRubyで作られています。また、RubyとPythonの構造は近く、今後Webサイト分析を学びたい時にも役に立ちます。

サーバー系プログラミング

 Web制作とバックエンドより前の段階で、Webサイトを置くためのサーバーもプログラミングで作られています。よく見られるのはSQLと言われるデータベースを作るためのプログラミングです。

携帯アプリ用のプログラミング

携帯のアプリ

 近年スマートフォンやiPhoneなどの普及で、携帯用アプリのニーズは急上昇です。もし携帯用アプリを作りたいなら、Android用とiPhone用二つの種類に分けられています。

 Android用アプリならJAVA、または近年人気を集めたKotlinがメインです。その中にJAVAは現在でも、世界中一番シェアを持つプログラミングのため、JAVAを学ぶと、様々な領域にも使えます。、

 iPhone用ならSwiftといったプログラミングで、iPhoneだけではなく、iPadやMacなど全て使えます。

ゲーム制作用のプログラミング

テレビゲームもプログラミングで作られています。

 ゲームが好きな方であれば、一度ゲームを作りたいと思った事あるでしょうか?

 僕がプログラミングを学ぶきっかけは、RPGツクールという簡単でRPGゲームを作れるツールを使い始めた時に、当時はデフォルト機能以外の機能を作りたい場合、RGSSといった専用プログラミング知識が必要で、そのプログラミングはRubyを基に開発されていたため、Rubyを学び始めました。

 RPGツクールの他も、様々なゲームエンジン(ゲーム制作ツール)があります。本格的にゲームを作りたいなら、CC#C++など、Cシリーズのプログラミングがメインです。

最新技術のプログラミング

最新技術で作られた人工知能

 人工知能やIoTなど、現在大ヒットな最新技術もプログラミングでできています。

 特に人工知能は先ほど紹介したWeb解析用プログラミングとして使われているPythonを中心に開発されています。

 IoTなら、ゲーム制作に使われるCC++やAndroidアプリに使われるJAVAがメインになります。

プログラミング未経験者でもフリーランスエンジニアになれる3つのステップ

 それぞれのプログラミングはある程度わかりました。では、未経験者であれば、どうやってフリーランスエンジニアになれるプログラミングスキルを身につけるでしょうか?

1.Web制作系のプログラミングから学ぶ

 最初にプログラミング触った事なければ、Web制作用のプログラミングから学ぶのは一番おすすめです。理由は4つあります。

  1. Web制作系のプログラミングは学びやすい。
  2. 学習資源やセミナーが豊富
  3. 作ったものはすぐ見れる。
  4. 世の中に一番需要されているプログラミングスキル。

 もし最初からゲーム制作や人工知能など難しいや新しい領域から学ぶと、挫折感が重く感じるし、学習資源も少ないです。また、Web制作なら、作ったものすぐ成果を見られるし、モチベーションも上がります。

 特にWebサイトは、大手会社はもちろん、一般的な店でも必要になります。Webサイト制作のプログラミング知識を身に付けば、すぐ一人前のフリーランスエンジニアになれます。

2.バックエンド系のプログラミングでスキルアップ

 Web制作に関するプログラミングスキルをある程度高まれば、次はWebサイトの機能を作るプログラミングを学びます。

 クライアントの要望により、オンライン決済や予約機能、もしくはFacebookやTwitter、Instagramのような大ヒットSNSを作りたいなど、様々な夢を形にするのはバックエンドプログラミングです。

3.最新技術のプログラミングでキャリアを作る

 Webサイト制作からバックエンドの機能まで精通したら、次は最新の技術を身に付けます。

 現在であれば、人工知能やIoTがメインの最新技術です。しかし、次の10年はわかりません、時代遅れにならないように日々スキルを高めるのが肝要です。

プログラミングを独学するコツ

プログラミングを勉強する

 「理系出身ではないし、プログラミングなども全く触った事ないのに、本当にできるの?」と思う方もいるでしょう。

 冒頭に話したような、プログラミングは「言葉」です。ただこの言葉はパソコンとコミュニケーションの言葉です。

 プログラミングは言葉であれば、別に文系や理系などの関係がなくなります。理系だから、日本語が下手くそという訳がないと思います。言葉を学ぶのように、「文法」と「単語」をしっかり意識すれば、プログラミング学習も楽になります。

やりたいことからプログラミングを学ぶ

 まずは何かやりたい(作りたい)のが大事です。何も考えず、ただ「JAVAがいい」や「PHPの仕事が多い」などを聞いただけで、学び始めるのは良くないです。

 Webサイト制作をやりたいなら、HTMLやCSS、JavaSpcriptを学びましょう。携帯アプリを作りたいならJAVAやSwift、ゲームを作りたいならC++やC#など、まずは自分がやりたいことを見つけ、プログラミングを始めましょう。

毎日のプログラミング練習

 何事も大事なのは、毎日の練習です。特にプログラミングは言葉ですので、英語などの外国語を学ぶ際に、本や教科書をばかり読むではなく、実際に話すのも大事です。

 時間がなくても、毎日10分〜15分を空けて、何か一つの文法を決めて、プログラミングを練習しましょう!

目標を定め、プログラミングを構築

 プログラミングを独学する際に、一番苦痛なのは、毎日同じ画面を向かって、カタカタコードを打つ事でした。

 もちろん最初は基本な関数や変数、文法などを学ぶのが大事です。しかし、ある程度の基本知識が理解できたら、目標を定めるのは重要です。

 Webサイト制作であれば、「まずは1つのトップページを作ってみよう!」。ゲーム制作なら、「5分くらいのミニゲームを作ってみよう!」など、小さな目標を達成しならが、プログラミング学習の原動力にもなります。

独学が苦手の方なら、「Tech Boost(テックブースト)」へ

 僕はどちらというと、独学の方が向いてました。しかし、そう言っても、独学は時間がかかり、限界もあります。下手にすると、間違った考え方を付けてします可能性もあります。

 もし独学が苦手や早めにプログラミングスキルを身に付けて、フリーランスになりたいであれば、今紹介する「Tech Boost(テックブースト)」がおすすめです。

Tech Boost(テックブースト)の5つの強み

 「Tech Boost(テックブースト)」は単なるのプログラミングスクールではなく、キャリアを作るために、プログラミングを始め、エンジニアとしてもキャリア形成もサポートしてくれます。

オーダーメイドから受講できる

 専門のカウンセラーがあなたの目標などを聞き取り、あなたにとって一番最適な学習プランを提案してくれます。

 数多くプログラミングの中に迷わず、自分がなりたい姿になれるのは、すごく魅力的です。

充実した学習環境

 オンライン質問回答はもちろん、Skypeやappear.inなどの通話アプリなども対応できます。

 また、オンラインのみのプログラミングスクールと比べたら、平日・土日祝祭日は東京にあるオフィスも自由使用できるし、対面の受講も可能です。自分が好きな学習スタイルを合わせて学ぶことができます。

最先端技術にも学べる

 現在多くのプログラミングスクールはWeb制作系プログラミングのみがほとんどでした。

 「Tech Boost(テックブースト)」はWebサイト制作からバックエンドまで、人工知能やIoTなどの最新技術に使ったプログラミングも学べます。

就職サポート付き

 プログラミングスキルを学ぶのは目的ではありません。目的はプログラミングを通じて、よりいい仕事や、フリーランスになることです。

 この部分は、「Tech Boost(テックブースト)」は就職もサポートしてくれるし、スキルを身に付けた後も安心です。もし学習終わったら、すぐにもフリーランスになりたい方であれば、「MIDWORKS」のフリーランス支援サービスがおすすめです。フリーランスの5つの不安を一掃するサービス「MIDWORKS」にご参考ください。

学生なら3割引

 もし学生であれば、コース料金は3割引という格安な値段になります。もし今は学生で、フリーランスやプログラミングに興味があれば、今のうちに申込んだ方がおすすめです。

特定のプログラミングのみ学びたい方なら

 (自由テキスト)はオーダーメイドでプログラミングを学ぶ以外、もし既に何かの目標があって、学びたいプログラミングも決めていたら、指定のプログラミングを学ぶ格安プランも用意しています。

 しかもキャリアコースと同様に、専門のカウンセラーと相談でき、学ぶコースを決めます。まら、就職サポートもあり、サービスのコリーティーは変わりません。

フリーランスのプログラミング学習まとめ

 今回はフリーランスエンジニアになるためのプログラミングスキルや勉強法、講座などを紹介しました。

 プログラミングを学ぶ目的はフリーランスになることであれば、案件に困った時に、同僚や先輩などがいないため、プログラミングスキル以外に、ある程度の問題解決力が必要です。

 もし時間余裕がなければ、しっかりプログラミングを通って、本格的にスキルを身に付けた方がおすすめです。